新築のキッチンにつけて便利だったものをお聞きしました。

新築のキッチンにつけて便利だったものをお聞きしました。

便利と思う基準は十人十色です。



新築のキッチンは決めることが多すぎて、かなり大変だと思います。 しかし、せっかく自分好みに設計できるチャンスでもあるので、じっくり時間をかけて悩んでいただければと思います。

今回のテーマは「新築のキッチンにつけて便利だったもの」です。実際に使ってみないと、ものの良さを判断するのは難しいです。 そこで、新築のキッチンにつけって便利だったものを、実際に使っている方から、リアルな体験談をお聞きしてきました。参考になれば嬉しく思います。

新築のキッチンにつけて便利だったもの


  1. シンクの蛇口
  2. ガスコンロとIH
  3. 食洗機
  4. 機能面


40代女性/三重県在住/佐藤さん


ちょっと価格が高くてどうしようと悩んでいましたが、せっかくの新築だしなと思って、頑張って「浄水器」を購入してみました。 実際に使ってみるとやっぱり良かったと感じる事が多かったです。 ご飯や料理がちょっぴり美味しく感じたり、個人的に「氷」にすると、雑味を感じなくて、浄水器って凄い!とびっくりしていました。  ただ、メンテナンス費用もかかるので、本当に必要なのかをしっかり検討してみて下さい。私は大満足でした! [製品名:タカギ みず工房]




40代男性/新潟県在住/清水さん

シンクの「蛇口の水流」がかなり気に入っています。 シャワー状の特殊な水流が出てきて、水の飛び散りが少ないくて便利だと、妻が強く推してきたので決めました。 あまり関心のなかった私が、妻よりびっくりしています笑




40代女性/徳島県在住/合田さん

「ガスコンロ」が素晴らしすぎました。 ガスコンロが、スマホのアプリと連動していたり、魚や肉を焼く際もボタン一つで勝手に美味しく調理してくれたり、ちょうどよいところで火を止めてくれる賢い優れもの。 毎日使ううので便利なのが一番。 [製品名:リンナイ DELICIA]




30代女性/岩手県在住/大野さん

「ガスコンロの炊飯機能」が便利です。購入当初は、正直見向きもしなかった機能でした。 なんとなく気が向いた日に作ってみると、あらびっくり。電気釜で炊くより断然おいしいかったです。 スイッチを押すだけで、火加減の調整など自動で炊きあがるので、とても便利です。 技術の進歩って凄いですね。




50代男性/山梨県在住/岡辺さん

ガスコンロってIHよりも危ないイメージがあるかもしれません。 しかし、今のガスコンロは「調節機能付き」があるのでとても便利です。

希望する油の温度に設定してくれたり、温度が上がり過ぎるとコンロの火加減を調節してくれます。タイマー機能も非常に便利で、設定すると30秒前とその設定時間にアラームでお知られしてくれ、更に火も自動で消してくれる安全性も便利で助かっています。




30代男性/山口県在住/神野さん

「IH」にして本当に良かったと思っています。前に住んでいたアパートや実家ではずっとガスコンロでしたので、 IHに憧れがありました。

なので自分の家を建てるときは絶対にIHにしようと決めていました。IHの便利なところは、いつでも同じ加熱ができるというところです。ガスコンロだと「前はこのくらいの火力だったかな?」と分からなくなることがありました。

しかしIHクッキングヒーターだと加熱の強さが10段階から選べるのが便利です。いつも同じ強さで加熱することができます。この焼き物をするときは5のメモリ、煮物は3のメモリかなという具合です。

もちろん火事の心配が少ないところも小さな子どもがいる身としてはありがたいです。掃除もとても楽になりました。ガスコンロだと五徳の掃除が大変でしたが、IHだと拭くだけで綺麗になります。 IHはかなりおすすめします!




50代女性/秋田県在住/柴田さん

キッチンは自分のお城と言わんばかりに気に入っていますが、1番便利だなと思うものは「食洗機」です。

新築を建てる時には絶対食洗機を付けたい!でも高いのかな…と悩んでいましたが、住宅メーカーの方に標準装備で付けられますよと言われ大喜びしました。
実際使ってみると、本当に便利です!洗いも乾燥も完璧に仕上げてくれます。外付けではなく一体型なので、見た目がすっきりしているところも満足しています。

食器洗いにかかる時間って結構ありますよね。洗って、拭いてって結構な手間です。食洗機に入れておけばその間に違う家事ができるし、乾燥までやってくれた後は食器棚にしまうだけなんて幸せすぎます。それに水道代もかなり節約できるんですよね。もう便利すぎて、食洗機がない生活なんて考えられません。




40代男性/福島県在住/林さん

キッチンのカウンター側にレールがあって、カゴやまな板をかけるラックなどがひっかけれます。キッチン台に直置きしなくていいので掃除がしやすいですし、見た目もスッキリしてみえるのも便利ですね。 レールなので、好きな場所に取り付けられる自由度の高さは、よく考えられている。

キッチンのカウンター側がハイバック式になって人工大理石部分が高くしてあるので掃除がしやすいですし、汚れがたまらないように感じます。

キッチンに追加で設置したコンセントもカバーもあり汚れが防げて気にいっています。こういった小さな配慮が素晴らしい。 [メーカー名:TOCLAS]




30代女性/福井県在住/堀田さん

大きめの収納を作って正解だったと思っています。広めのスペースを確保しているので、「とりあえず隠せる」という安心感はかなり重宝しています。 昔住んでいた家では収納が少なくて不満だったので、新築ではこれでもかと収納を備えました。 結果的に、様々な用途に使えるので本当に便利でした。 


他者の成功事例は参考にならない?新築で後悔しないための考え方

新築のキッチンの便利と感じる体験談をご紹介していきました。生の声だったので、いろいろ発見があったかもしれません。 成功事例をご紹介しておいてなんですが、「他者の成功事例は参考にならない」と感じています。

「あの人が良いと言っていたから」「メーカーさんから勧められたから」「口コミの評価が高かったから」 このように「他者の意見」だけで決断してしまうと、想像していたのと違う…という状態になりがちです。 

なぜかというと「自分の意志がないから」です。 新築なんかどうでも良いと考えているのであれば、スルーしてもらって結構ですが、あなたが理想とするモノの答えは、当たり前ですがあなたの中にしか存在しません。

他者の成功事例はあくまで「参考資料」と捉えて、ご自身の理想を具体的に想像することが大事です。

そして一番参考になる事例としては「失敗事例」 成功談は共通することは少ないですが、失敗談は共通することが多いので、失敗談から吸収することは非常に価値があると思っています。 このメディアでは失敗事例を多く集めているので、皆様の参考になればという思いで運営しています。


まとめ

◎新築のキッチンにつけて便利だったもの

  1. シンクの蛇口
  2. ガスコンロとIH
  3. 食洗機
  4. 機能面
  5. 成功事例は、あくまで参考資料
  6. 失敗事例から、取捨選択していく

 

最後は難しいお話と感じたかもしれませんが、新築を後悔しないためには、とても大事な考え方なのでお伝えさせていただきました。 他にも色々な記事がありますので、よければ御覧ください。 地道に堅実に作業していけば、後悔は必ず少なくできるはずです。


——– 余談 ——–


新築を考えているんだけど、自分に合ったお家になるか不安です…


「こだわったキッチンにしたい」「デザイン性を重視したい」「収納を多くしたい」など、様々な新築のお悩みを複数の会社から無料でプロに相談できます。↓↓↓