新築のキッチンの高さを選ぶ正しい判断基準とは?

新築のキッチンの高さを選ぶ正しい判断基準とは?

キッチンを一番使う人が、不便に感じなければベストです!


「キッチンの高さ」は、新築のキッチン選びにおいて非常に重要なポイントとなってきます。数センチの高さの違いで、作業のストレス具合が違ってきますので、慎重に判断する必要があります。

キッチンの高さを選ぶポイントは色々あります。どういった判断基準で選べば良いのか?と悩んでいる方々が多い問題なので、今回は「新築のキッチンの高さを選ぶ正しい判断基準」というテーマで、新築のキッチンの高さを決定するお手伝いができればなと思っています。

新築のキッチンの高さを選ぶ正しい判断基準とは?



キッチンの高さを選ぶポイントは色々あります。代表的なもので、「身長÷2+5cm」が目安になるとされています。しかし、これはあくまで目安であって、最終的に「ご自身が使いやすいと思うかどうか」が、キッチンの高さを決める大切な基準になります。

新築のキッチンの高さを選ぶ正しい判断基準は以下の3点になります。

  1. 現在使っているキッチンの高さを基準にする
  2. ショールームのキッチンを実際に体験してみる
  3. 最終決定はプロの意見ではなく、自分の意志で


この3点を意識して、キッチンの高さを選んでいただけると、満足度の高い結果になるはずです。すべて大事な判断基準になりますので、ひとつひとつ具体的に説明していきたいと思います。



新築のキッチンの高さを選ぶポイント〜現在使っているキッチンの高さを基準にする



キッチンの高さを選ぶために、まずは選ぶ「基準」を持つことがポイントになります。高さの基準としてわかりやすいのが、「現在使っているキッチンの高さ」です。これを基準にするとイメージしやすいのでおすすめです。

現在使っているキッチンを参考資料にすることで、「もう少し高くするとどうだろう?」「もう少し低いと使いにくいのかな?」などの高さの数字がリアルにイメージできるようになります。

それでは、実際に今使っているキッチンの高さを細かくデータを取っていきましょう! といっても測る項目は5つなので安心して下さい。

◎基準となるキッチンの必要になるデータ

  1. 床からカウンターまでの高さ
  2. 壁までの奥行き
  3. 床からガスコンロの五徳までの高さ
  4. キッチンマットの厚み
  5. キッチンで使うスリッパの厚み


実際の高さを測るために、100円ショップなどで売っている「柔らかいタイプのメジャー」があると便利です。 硬いタイプだと、傷をつけてしまう恐れがあるので、柔らかい素材のメジャーをおすすめします。

以上の5つの数値を測り終えたら、実際にショールームなどで、実際のキッチンで使用感などを確認する作業に移りましょう!



新築のキッチンの高さを選ぶポイント〜ショールームのキッチンを実際に体験してみる



「百聞は一見にしかず」という言葉があるように、カタログを見たり、ネットの情報だけではなく「実物を体験する」というのが、非常に価値のある方法です。ショールームを使い倒すことで、後悔のないキッチンに近づくはずです。

しかし、ただショールームに行けば良いというわけではありません。事前に「確認したいポイント」を明確にしてから、ショールームに行って判断するようにしてください。

事前に確認するべきポイントは

  1. 実際に家事をしているイメージをする
  2. 今のキッチンより高い、低いパターンを試してみる
  3. しっくりくる高さを違うキッチンでも試してみる


①実際に家事をしているイメージをする まず、現在使っているキッチンと高さの近いキッチンから見ていくと良いでしょう。 実際に良さそうなキッチンを選んでみて「野菜を切っているところ」「フライパンを使っているところ」「洗い物をしているところ」などを、実際に動作をしてみて、無理な姿勢にならないかを体験してください。

キッチンの高さを決めるポイントとして、「作業中に不満にならないか」が重要になってきます。なるべくリラックスした状態で、長時間の作業も無理のない姿勢でできる高さかどうかを、いろいろな高さを試して、一番しっくるくる高さを選んでいきましょう。



②今のキッチンより高い、低いパターンを試してみる 今のキッチンの高さではないパターンも念のため試してみることをおすすめします。 「意外と高いほうが楽」「低いのはやっぱりダメだな」とくらべてみて初めて分かる発見がありますので、是非色々な高さを試してみてください。



③しっくりくる高さを違うキッチンでも試してみる ここまで比べ終われば、ある程度自分に合った高さが決まってくるかと思います。 最終決定するために、決まった高さで、違うキッチンでも試してみてください。 「この高さで後悔ない」と思えるまで、時間をかけてじっくりと検討してみてください。



新築のキッチンの高さを選ぶポイント〜最終決定はプロの意見ではなく、自分の意志で



新築のキッチン選びは、工務店やハウスメーカーさんから提案される事が多いでしょう。これは、「会社目線」での提案であって、「お客さん目線」での提案ではないことが多いと感じています。

工務店やハウスメーカーさんは“プロ”であることは間違いありません。しかし、あなたの理想について、プロは“あなた”になります。「プロだからやってくれるはず」という考えで、相手に任せっきりだと後々後悔してしまうかもしれません。

工務店やハウスメーカーさんが、あなたの理想を叶えるためには、あなたが具体的な「想い」を伝えなければ、動いてくれないのが現実です。なので、できるだけ「自分の意志」を大切にしてみてください。新築はわがままくらいが丁度いいと個人的には思っています。



まとめ

◎新築のキッチンの高さを選ぶ正しい判断基準とは?

  1. 現在使っているキッチンの高さを基準にする
  2. ショールームのキッチンを実際に体験してみる
  3. 最終決定はプロの意見ではなく、自分の意志で

判断基準は「自分がしっくりくるもの」そこさえブレなければ、キッチンの高さに限らず、新築のあらゆる判断基準になってくれると、個人的には思っています。


——– 余談 ——–


新築を考えているんだけど、外出規制などが広まっていろいろ不安になってきました…


「今の時期家は建てられるのか?」「時期をずらしたほうがよいのか?」「途中で工事ストップとかあるの?」など、様々な新築のお悩みを複数の会社から無料でプロに自宅にいながら相談できます! ↓↓↓