新築の駐車場で後悔しないコツは「機能面」と「レイアウト」に注力せよ

新築の駐車場で後悔しないコツは「機能面」と「レイアウト」に注力せよ

新築の駐車場で多い失敗は、事前に知っていれば防げるものばかりです!


新築のマイホームの後悔の多い事例の一つが「駐車場」です。 多くの方が、内装の事ばかり意識してしまって、駐車場などの外装をおろそかにしがちです。

せっかく、住みやすいお家が完成したとしても「駐車場が使いづらい」と感じてしまったら、がっかり感が強くなってしまうかもしれません。

とは言っても、満足度の高い駐車場にする具体的なイメージをするのは難しいと感じたので、今回は「新築の駐車場で後悔したこと」を、実際に新築を建てたことのある5名の方々に体験談を聞いてみました。

それらを踏まえて、新築の駐車場づくりの参考になればと思います。



スポンサーリンク



新築の駐車場で後悔した事を聞いてみた


5名の方々に「新築の駐車場で後悔したことはなんですか?」という質問に答えていただきました!


30代女性/愛媛県在住/渡部さん


後悔したポイント→「カーポートの位置、路面状態」

我が家は土地が広く確保できたので、友人の出入りが多くなると思って、駐車スペースを3台確保することによって、来客があった時に、困らないようにしました。

後悔したところは、雨の日カーポートから出たら傘をささないと雨に濡れてしまうのが苦痛なので、カーポートを玄関先まで伸ばす工夫をすればよかったです。

また、駐車場のコンクリートには隙間があり、そこから草が生えてしまうのがみっともないので、全面コンクリートにすればよかったなと後悔しています。




30代女性/山形県在住/横田さん

後悔したポイント→「砂利の駐車場」

3年前に田舎に新築を建てることができました。我が家の駐車場は、コンクリート部分を最小限に抑え、間の部分を砂利にしコストを抑えました。

しかし、実際に住んでみると、駐車時に砂利を巻き上げ、道路に飛び散って、見た目が汚くなってしまうので、もう少しコンクリート部分を増やせばよかったと思います。 




30代女性/福井県在住/野村さん

後悔したポイント→「照明」

2017年にマイホームを建てました。 私は休日に旦那さんと車で出掛ける事が多く、ショッピングなどに行った際はトランクいっぱいの荷物になって帰ります。その為、新しい駐車場は荷物の出し入れがしやすいよう幅を多く取り出入り口を近くに作りました。駐車もスムーズで直ぐに荷物を運べるので満足しています。

しかし、夜になると少し暗くなってしまう為、駐車場専用の照明を作っておけばよかったなと思います。 コンセントも位置が悪く、後から改めて作るとなると都合が悪い場合があるので、新築時に気づけていればよかったです。




40代男性/岐阜県在住/中村さん


後悔したポイント→「アクセントタイルの位置」

去年に新築を建てました。駐車場も、車3台は余裕をもって停められる広いスペースを確保できました。

その駐車場の入り口にアクセントタイルを使ってみたのですが、車を停める時に踏んでしまう場所に設置してしまったため、すぐに割れてしまいました。もっと考えるべきでしたね。




50代女性/富山県在住/村上さん


後悔したポイント→「駐車場の位置、雑草の問題」

我が家の駐車場は、面した道路からだいぶ奥に家屋を建てることになり、かなり広い駐車場をとることになりました。

広ければ広いほうがいいと一面コンクリートにし、割れ防止のために溝を付けてもらい、木を植えてもらいましたが水やりが面倒になり数年後砂利に変えました。

水やりの必要は無くなったのですが、砂利の間から雑草が生えて草引きが大変になったので、防草の固まる土などを入れておけばよかったと思います。コンクリートも真っ白だとすぐに黒くなって汚くなるのでまめに掃除が必要で、目立たない色にすればよかったと思います。

駐車場からのアプローチが曲線で長く、荷物の多い時、雨の時や忘れ物を取りに戻る時は不便です。門塀を玄関前に寄せて直線にし、反対側に駐車場を作れば距離も短くできたなぁと後悔しているので老後にリフォームする時はそうしたいです。




新築の駐車場で多い後悔は「機能面」と「レイアウト」



いろいろ情報収集して思ったのが、駐車場の広さや大きさの後悔は少ないなと感じました。これは、ハウスメーカーや工務店がしっかりと対応してくれる範囲なので、サイズのミスは少なく抑えられていると感じました。

そして、実際の体験談を聞いてわかったことは、新築の駐車場で多い後悔は主に2つのパターンに分類できるなと思いました。 それは「機能面」と「レイアウト」です。 これは、価値観や要望をしっかりと相談しなければ解決できない問題のため、事前に提案しなければ後悔につながるのではないかと結論づけました。

「機能面」と「レイアウト」の多い後悔は以下の通りです。


◎新築の駐車場の機能面で多い失敗例

  1. 駐車場の「素材」
  2. 「掃除」の手間
  3. 「メンテナンス」の手間


◎新築の駐車場の「レイアウト」で多い失敗例

  1. 使いづらい「動線」
  2. 「コンセント」の位置


それでは具体的に解説していきます。



スポンサーリンク



新築の駐車場の「機能面」で後悔をしないために


  1. 駐車場の「素材」
  2. 「掃除」のしやすさ
  3. 「メンテナンス」の手間


①駐車場の「素材」 駐車場の素材は主に4種類あります。「砂利、アスファルト、コンクリート、インターロッキング」です。これらの機能面で判断したメリット・デメリットを確認してみましょう。


 メリットデメリット
砂利防犯性が高い汚れやすい
アスファルト排水性が良い凹みやすい
コンクリート手入れが簡単ひび割れしやすい
インターロッキングデザインが豊富色落ちがしやすい


②「掃除」のしやすさ 以上の4つの素材を「掃除のしやすさ」でランキングにしてみました。ここで言う掃除のしやすさとは、「汚れの落ちやすさ」に焦点を絞りました。ランキングは以下の通りになります。

  1. コンクリート
  2. インターロッキング
  3. アスファルト
  4. 砂利


あくまで目安のランキングになりますが、コンクリートは汚れが付きにくく落ちやすい。逆に砂利は、汚れやすく落ちづらいという特徴があります。 


③「メンテナンス」の手間 最後にメンテナンスのしやすさです。掃除のしやすさと重複する部分もありますが、「素材の丈夫さと修復コスト」「雑草の生えにくさ」に焦点を絞ると、以下の通りになります。


◎素材の丈夫さと修復コスト

  1. アスファルト
  2. コンクリート
  3. インターロッキング
  4. 砂利


アスファルトは凹みやすいというデメリットがあるものの、他に比べて安価に修復することができます。インターロッキングは、丈夫ではあるものの、修復コストが高くなる傾向にあります。


◎雑草の生えにくさ

  1. コンクリート
  2. インターロッキング
  3. アスファルト
  4. 砂利


雑草の生えやすさは、地質によって変化しますので一概に言えませんが、コンクリートは生えにくく、砂利は生えやすい傾向にあります。

これらの良い面・悪い面を踏まえて、最終的に駐車場の素材を「デザインとコスト」で折り合いをつけていただけると、後悔しにくいと思います。

駐車場の素材を決めることができたら、次は「レイアウト」で失敗しないように考えていきましょう。



新築の駐車場の「レイアウト」で後悔をしないために


「レイアウト」の多い失敗は、事例をあらかじめ知っておけば対応できるものがほとんどなので、しっかりと確認してください。

  1. 使いづらい「動線」
  2. 「コンセント」の位置


①あらかじめ確認しておきたい駐車場の「動線」 

  • 駐車がスムーズにできるか
  • 乗り降りのしやすさ
  • ドアの開閉がスムーズにできるか
  • 雨の日の乗り降り
  • 冬の積雪 など


これらを満たす駐車場を、ご自身で計画立てるのはかなり難しいですので、メーカーさんに直接相談しながら作業を進めると手っ取り早いかなと思います。


②「コンセント」の位置 コンセントの位置が悪いだけでも、使いづらい駐車場と感じてしまうおそれがあるので、しっかりと改善していきましょう。


レイアウトの不満シーン別
配置が悪かったライトや電飾
数が足りなかった高圧洗浄機
家庭用掃除機を使いたい
電動工具(DIY)
防犯カメラ


外のコンセントで重要なのが「常設したい・するであろう」近くに設置するということです。新築の外観に何が必要なのかをじっくりと考えて、不安であれば設置しておくと安心です。たまに使うくらいなら、最悪延長コードでも対応できます。



まとめ


◎新築の駐車場で後悔の多いポイント

  1. 「機能面」と「レイアウト」の失敗が主
  2. 機能面で重要なポイント
    駐車場の「素材」選びが大事
    「掃除」のしやすさ
    「メンテナンス」の手間
  3. レイアウトで重要なポイント
    「動線」の見直し
    「コンセント」の位置
  4. 最終的に価格とデザインで決定する


新築の駐車場で後悔しないためには、「失敗事例を参考にしながらメーカーさんと打ち合わせを重ねていく」ということです。ご自身の意見も大切にしながら、プロのアドバイスを参考にしていけば、後悔が少なくできると思っています!


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。