新築のトイレの壁紙(クロス)を選ぶ重要な2つのポイントとは

新築のトイレの壁紙(クロス)を選ぶ重要な2つのポイントとは

少し奇抜なデザインでチャレンジするのもありです!


新築のトイレは、意外と選ぶのが大変ですね。 トイレは派手さはないものの、毎日に使う場所なので、じっくり選ぶ事で後悔は減らせます。忙しい合間の中、見ていただきありがとうございます。

今回のテーマは「新築のトイレの壁紙(クロス)」です。 トイレは特殊な場所なので、他の部屋の壁紙(クロス)の選ぶポイントと、少し違う視点から選ぶ必要があります。 新築のトイレの壁紙(クロス)で後悔した事例をまじえながら、選ぶコツなどを紹介していきたいと思います。



スポンサーリンク



新築のトイレの壁紙で後悔した話


  1. 掃除がしにくい(拭き取りにくい素材)
  2. 無難なデザインの壁紙を選んだ


40代女性/山形県在住/林さん

新築購入から約5年くらいになります。トイレの壁紙は、正直なんとなくで決めたと思います。 まだらの模様のような壁紙で、少し色が入っていて何色と言えない感じです。 当たり前ですが新築当初はキレイで不満は0。時間が立つに連れて、汚れがついてきて、汚れが付いた時に壁紙が凸凹しているので少し拭きにくいかなと感じています。



50代男性/兵庫県在住/加藤さん

新築購入から早30年。長く暮らしていくうちに、トイレの壁紙の重要性を感じています。トイレの壁紙は、時間が立つに連れ汚れが目立ってきてしまいます。 なので、白い壁紙のため汚れが目立ちやすいので、汚れが目立ちにくい色の壁紙にすると、長く暮らしていても気になりにくいと感じています。



30代男性/長崎県在住/須藤さん

めちゃくちゃ後悔している訳ではないですが、トイレは長時間ずっといる場所じゃないので、ここまでシンプルな壁紙じゃなくてもよかったかなと思う。もう少し柄があったり、印象の強い色など、遊びのある壁紙にしてもよかったかな、と思ったりもします。



新築のトイレの壁紙(クロス)を選ぶ重要な2つのポイントとは


新築のトイレの壁紙(クロス)を選ぶ際に、一番重要なポイントが「トイレをどんな空間にしたいのか」というところです。 トイレの壁紙(クロス)は、トイレの印象を大きく左右します。まずは、テーマを定めてから、壁紙(クロス)を選んだほうが間違いありません。 成功事例も後ほど紹介しますので、とりあえず読み進めてもらっても構いません。

トイレをどんな空間にしたいのかが決まれば、以下の2つのポイントを意識するだけで、納得感の高いトイレの壁紙(クロス)に仕上がると思います。

  1. 機能性
  2. デザイン性


それでは、それぞれの事例を具体的に紹介していきたいと思います。


新築のトイレの壁紙(クロス)を「機能性」で選ぶポイント


最近の壁紙(クロス)は、機能性に優れているものが多く、掃除がしやすかったり、汚れがつきにくかったり、消臭機能がついていたりと、かなり便利になってきています。

「トイレをキレイに長持ちさせたい」「掃除の手間を減らしたい」と考えている方は、機能面で選ぶことをおすすめします。 具体的なクロスについては、工務店さんやハウスメーカーの専門の方のほうが、断然知識量が違いますから、担当者さんに具体的にアドバイスをいただくのが正しいかと思います。



30代女性/岐阜県在住/渡部さん

薄い色の壁紙にしたので汚れが目立ちますが、濡れたぞうきんで軽く拭くだけで簡単に汚れが落ちやすく助かっています。トイレ専用の壁紙から選びました。
柄もシンプルな感じで気に入っています。

ただすごく分かりにくいのですが、おしゃれにしたくて同じ柄で一面だけ水色白でほか三面の壁は白色のアクセントクロスにしているのですが水色の色が薄すぎて気づかれません。

サンプルの小さな壁紙で見比べた結構色が違って見えたのですが実際の壁に貼ると色が薄れてみえるようです。トイレの照明もすごく明るくないから尚更分かりにくいのかもしれません。



スポンサーリンク



新築のトイレの壁紙(クロス)を「デザイン」で選ぶポイント


私はこのブログで強くお伝えしていることが、『必ず「機能性」から選ぶこと。いる機能、いらない機能を取捨選択してから、デザインと価格で折り合いをつける。』ということです。

しかし、トイレの壁紙(クロス)に限っては、デザインを重視して選ぶのもありだと考えています。 その理由は「トイレは気分転換の空間」という側面があるからです。 そのため、新築のトイレの壁紙(クロス)を個性的にして楽しまれている方も多くいらっしゃいます。

長い時間利用する場所は、あまり冒険はせず、シンプルで居心地の良い空間にするのが後悔しない秘訣です。 ですが、トイレを使う時間は数分。トイレに入ると気分が上がるような、ご自身の思う「理想の空間」にするのもありだと思います。


40代女性/群馬県在住/江口さん

無地は嫌だなと思い花柄を選びました。この選択は間違っていませんでした。小さい花柄なので、ぱっと見は花柄には見えずドットのように見えます。ですがそのさり気なさが気に入っています。好きな柄だと嬉しい気分になるし、花や小物を飾りたくなったりします。



30代女性/秋田県在住/越野さん

トイレの壁紙は、うるさくない感じのものが良いと思います。特に一階のトイレは、お客さんが入ることも予想されるので、落ち着く空間にしたいですね。

うちのトイレはアクセントとして一面のみ壁紙をかえています。壁紙は派手なものではなく落ち着いた雰囲気のものです。アクセントクロスでもそんなに目立たない色合いのものを選ぶことによって、違和感のない空間に仕上がります。カラーの選び方としては、緑や水色といった清潔感のある色が好まれるようです。例えば、ショッキングピンクやゴールドといったきつい色だと、落ち着いて用を足せません。出るものも出なくなる可能性があります笑。

緑はフレッシュさを連想させるし、水色はその名の通り水の色なので綺麗な印象です。好みでピンクや黄色など、パステルカラーや薄い色であれば、トイレにマッチすると思います。柄は、葉っぱの柄や花の柄などが一般的にはトイレっぽいと思うのですが、無地やボーダーなどの目立たない柄も邪魔をしないので良いと思います。

うちのトイレのアクセントクロスの柄も、よく見ないと分からないほど馴染んでいますし、トイレの空間の邪魔をしていません。また、最近の壁紙は、消臭効果のあるものや、汚れが落ちにくいものなんかもあります。全面をそのような壁紙にするのも、機能性があって良いと思います。



40代女性/宮城県在住/高橋さん

我が家のトイレのテーマはタヒチリゾート風です。奥の壁にダークブラウンの麻の編み込みのようなアクセントクロスが貼ってあり、トイレに座ると正面に見えるようになっています。そこにタヒチに行った時にお土産で買ってきたものやそれに合わせたものを飾っています。

周りのクロスは家のメインに使っているものを使い統一感を出しています。二階も同じ種類のクロスを使い、アクセントクロスを扉を開けて正面にくるように使いました。

トイレは他の部屋と違い個別な空間なので、二階のトイレは他の部屋では使わなかったタイプのクロスで冒険してもよかったかなとも思います。しかし、一階はメインに使いお客様なども使うかもしれないので家全体と統一しつつ少しアクセントを付けたのがとても気に入っています。



まとめ


◎新築のトイレの壁紙(クロス)を選ぶ重要なポイント

  1. 掃除のしやすさなどの機能面を重視する
  2. デザインや色を重視し、居心地のよい空間に
  3. お客さんが利用する事を想定する


トイレは壁紙(クロス)で印象が随分変化します。これは良くも悪くもです。 他人の成功事例はあくまで目安です。必ずしも万人が上手くいく方法ではありません。 しっかりと時間をかけて試行錯誤すれば、絶対に後悔のない結果になると思っています。

 自分の意見も重要ですが、客観的な意見も念のため聞いたり、実際の壁紙(クロス)を目で見て確認してから、最終的な判断をしていただければと思っています。 


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。