新築のトイレの後悔から改善策をまとめてみた

新築のトイレの後悔から改善策をまとめてみた

「新築のトイレを後悔しています」 こんな悲しい話はないですよね。新築で後悔している方の共通点は「建築屋さんにおまかせしすぎた」というところです。 プロに任せれば良いものができるはず!という気持ちはわかります。

しかし、工務店やハウスメーカーさんは、「こちらから要望を伝えないと動いてくれないケースが多い」ということです。愛想が悪いとか、何もしてくれない訳ではないです。建築屋さんも「具体的な要望がなければ動けない」という状態なんです。

つまり、新築を建てる際に「具体的な要望」がないと「平均値の可もなく不可もなくなお家」になてしまいますので、ひとつひとつ時間をかけていく必要があります。

今回は「トイレの後悔」というテーマで、細かくまとめてみました。具体的な要望をイメージするのは難しいと感じていので、実際の「成功事例と後悔した事例」を上げから、改善策を紹介していきたいと思います。



スポンサーリンク



新築のトイレの後悔から改善策をまとめてみた


まず始めに、私が提唱している「新築を後悔しない心構7ヵ条」があります。これを頭の片隅に置いてから、記事をご覧いただけると、より満足度の高い選択ができるかなと思っていますので是非参考にしてみてください。

  1. 理想を具体的にイメージする
  2. より多くの事例を見る
  3. 機能面を軸に取捨選択する
  4. デメリットも把握しておく
  5. 成功事例だけを鵜呑みにしない
  6. 最終的にデザインと価格で決定する
  7. 最終決定はご自身で


それでは、トイレの後悔と改善策を具体的にまとめましたので御覧ください。※これから随時更新していきますのでよろしくお願いいたします。



新築のトイレの壁紙(クロス)の後悔と改善案



トイレの壁紙(クロス)は、トイレの印象を大きく左右するものです。他の部屋の壁紙(クロス)を選ぶの他は違い、機能面もとても重要な要素になります。 まだトイレの壁紙(クロス)を選べていないなと感じる方はぜひご覧ください。





新築のトイレの「床」の後悔と改善案



トイレの床は、壁と同様に汚れやすい場所になります。そのため掃除のしやすさで選ぶのがポイントです。他にも選ぶコツはありますので、トイレの床に注目したことがなかったという方はぜひご覧ください。





新築のトイレの「収納」の後悔と改善案


トイレの収納は意外と大切なんですね。位置や収納量など、限られたスペースを上手く使う必要があります。 まだトイレの収納のイメージができていない方はぜひご覧ください。





新築のトイレの「窓」の後悔と改善案


窓をつける・つけないは、新築特有の悩みです。 トイレの窓は、メリットが少なくデメリットは多くある、そんな印象です。 しかし、皆さんに必要かどうかはわかりませんので、しっかりと判断していただけると良いかと思います。





新築のトイレの「コンセント」の後悔と改善案


新築において「コンセント」が一番後悔が多いと思っています。 あまりコンセントの位置などを気にしたことがないかもしれませんが、コンセントの位置や数は要確認事項と言ってもおかしくないくらい重要です。 それはトイレも同じなので、是非一度御覧ください。




まとめ


◎新築のトイレの後悔から改善策をまとめてみた

  1. 建築屋さんに任せっぱなしは良くない
  2. 自分の理想を具体的に思い浮かべる
  3. 建築屋さんと打ち合わせをしっかりと行う
  4. 建築屋さんの提案を鵜呑みにしすぎない
  5. 主導権は自分にあるということを忘れない


当たり前のことかもしれませんが、とても重要なことです。 どうしても建築屋さんの意見に流されがちですが、やっぱり自分の意志が大切になってきます。 新築はわがままになるくらいが丁度いいので、是非後悔のない選択をしてください。コメントもあればお待ちしています!


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。